切らない包茎治療について

ロゴ
トップページ
<切らない包茎治療として代表的なもの>
包茎を治療するとなると、手術をして余っている包皮を切るというようなイメージを持っている人も多いですよね。 一般的なイメージとしては間違っていないのですが、実は最近ではメスを使わずに治療をするといった方法も確立されてきています。 この切らない包茎治療ですが、すべての包茎で使えるといった訳ではなく、ほとんどの場合は軽度の仮性包茎の人にしか受けることは出来ません。 切らない包茎治療そのものは受けることが出来ますが、受けたとしても改善する確率は限りなく0に近いので、受ける人がいないといった方が良いかもしれませんね。 切らない包茎治療として代表的なものが恥骨部脂肪吸引術と呼ばれるものです。 主に仮性包茎である場合に、仮性包茎の症状を緩和するために行われている治療法ですね。 特に、肥満気味であったり、お腹周りの中でも特に下腹部に脂肪がついてしまっている人向けの治療法となります。 この条件にあてはまっていたとしても、重度の仮性包茎であるようなケースだと十分に効果を発揮することはありませんので注意しておきましょう。 自分がどの程度の仮性包茎か解らないといった時には、事前にこの治療法を行うクリニックでしっかりと確認を行うようにしておくことをお勧めします。 恥骨部脂肪吸引術ですが、これは陰茎の付け根部分にある恥骨と呼ばれる骨の周囲にたまっている脂肪を吸引する治療法になります。 恥骨のある部分は太ってくると脂肪がたまりやすい場所として知られており、恥骨周辺に脂肪がたまってしまうことで、陰茎が埋まってしまうのです。 結果、包皮も余ることになってしまって、仮性包茎が進行してしまうのですが、最近ではこのタイプの仮性包茎の人が増えているそうです。 具体的には、陰茎の付け根部分を小さく切開することになるので、陰茎そのものにはメスを入れることはありませんが、脂肪吸引のための切開はするので、厳密には切らない包茎治療とは言えないかもしれません。 切開した場所から専用の脂肪吸引器を使って脂肪を吸引して、治療は終わりますが、メリットとしては陰茎にはメスを入れないこと、脂肪吸引を行うことで再び恥骨周辺に脂肪がたまりにくくなることがあります。 他にも、長茎術、ステロイド剤、器具を用いる方法などが切らない包茎治療にあたります。人気のクリニックを探すなら⇒包茎手術no.1 クリニックや病院をランキング

<包茎治療の料金や費用>
包茎を治療する時には、どのくらいの費用や料金が発生するのでしょうか? 包茎の治療ですが、大別すると治療器具を使った包茎治療と、医療機関による手術に分けることが出来ますが、ここでは治療器具を使ったケースについて解説してみます。 包茎の治療をする時に、先ず考えることとなると手術ではなく、治療器具を使った方法ではないでしょうか? 治療器具と言いますと、一般的にイメージするのは強制的に包皮が剥けた状態のままにしておく器具などがあります。 カントン包茎や真性包茎の場合ですと、手術が必須になってくるのですが、仮性包茎ですと治療器具を使った方法で治療をする人も少なくありません。 やはり、どうしても手術となりますと、痛みがあったり費用的にも高額になることから、まずは治療器具を使ってからと考える人が多いようです。 包茎治療の器具を購入する場合は、費用的にかなり安価で済ませることが可能です。 ただし、治療器具の種類によっては継続的に購入するようなタイプのものもありますので、料金や費用としてはピンキリだと言えます。 先ほどあげた、包皮にむきぐせをつけるような器具ですと、数千円くらいで購入することができます。 他にも沢山の包茎治療の器具が販売されていますので、自分にあったものがあるのなた試してみるのも悪くないかもしれません。 医学的な効果の実証はありませんが、包茎治療の器具を使うことで包茎を改善したという人も少なくありません。 ただし、治療器具を使って包茎が改善出来るのは、上でも少し触れたように基本的に仮性包茎の人のみとなります。 仮性包茎であっても、重度の場合は効果を期待するのは難しいですね。 真性包茎やカントン包茎の人は、素直に手術を受けた方が良いと言えます。 真性包茎やカントン包茎ですと保険対象となる手術を選択することも可能ですので、手術であっても安価で済ませることが可能です。 ただし、真性包茎であってもまだ思春期に入る前だと言うような年齢ですと、治療器具を使うことで改善できることもあります。 ですが成長途中の段階のことですがら、必ずしも使う事が良いとは言えませんので、安易に使うのも危険と覚えておきましょう。



Copyright(c) 切らない包茎治療について. All right reserved.